ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
多摩センター駅 多摩都市モノレール 多摩センター駅 
 

    
ごあいさつ


 身の回りにある法律やお金の問題 一度司法書士に相談してみませんか!

 
~そして、不安や悩みを一緒に解消していきましょう~

  当事務所は、東京・多摩センター(多摩市)をホームタウンとする司法書士事務所です。

 当事務所では、相続・遺言・企業法務・登記・債務整理・消費者問題・簡裁訴訟代理関係業務・成年後見等の業務を通し、みなさまの財産や権利を守り、そして取引の安全や法令の遵守に寄与して参ります。

 みなさまの日常生活や事業活動の中で「ちょっと困ったんだけど(又はちよっとおかしいと思うんだけど)、これって法律的にはどうなってるんだろう?」といった疑問をお持ちになることはありませんか。

 そんな時は「身近な法務サポーター」Tama中村司法書士事務所にご相談下さい。

                 Tama中村司法書士事務所

                      司法書士 中村 伸介



  



お問い合わせはお電話又はFAXにてお願いいたします。(お問い合わせの際には、当事務所のプライバシーポリシーをご確認下さい。)




 
 当事務所では、こんな「困った!?…」や「どうしたらいいの?! …」に対応しております!


 ~相続・遺言~ 


 ・自分が亡くなった後、相続人間で遺産相続争いが起きないよう遺言書を作成しておきたいのですが、どのような点に注意すべきでしょうか。


 ・昨年母が亡くなって相続が開始しました。母は遺言書を遺しており、そこには私の弟に全財産を相続させる旨の内容が書かれていました。そうすると、私は母の遺産を全く相続できないのでしょうか。


 ・2か月前に父が亡くなりました。私は長年父と暮らしていなかったのですが、どうやら多額の借金があったようです。もし相続の放棄をするならば相続開始後3か月以内に家庭裁判所で相続放棄の手続きをしなければならないと聞いたのですが、放棄すべきかどうかをもう少し検討できないのでしょうか?


 ~成年後見・任意後見~  

 
 ・実家で一人暮らしをしている父についてですが、ここのところ物忘れがひどく、認知症なのではないかと心配です。近くに親戚はいるのですが、できれば第三者に預貯金等の財産管理や入退院等の手続をしてもらったり、訪問販売などで不要なものを買わないよう配慮してもらいたいのですが…。


 ・現在は自分で財産の管理ができているのですが、将来認知症などにより財産管理ができなくなったときに備えて予め財産管理等に関する委任契約を締結しておくこともできるのですか。



 ~株式会社・一般社団法人等設立  企業法務~ 


 ・会社を設立し事業を始めたいのだけど、それには株式会社を立ち上げるしかないのでしょうか?また、一般社団法人という法人制度を利用して収益事業を行うことは可能なのでしょうか?


 ・株主が1人又は2人しかいない株式会社でも、会議形式による(定時)株主総会を開催しなければならないのでしょうか?


 ・実質的に一人役員の株式会社を経営しています。他の取締役や監査役については名義を借りているだけなので、登記簿から名前を外した方がいいと思っているのですが、株式会社は今でも取締役3名以上監査役1名以上を置く必要があるのでしょうか?


 ・会社の事業を拡大するために新たな資金が必要な場合、金融機関等から借り入れるしか方法はないのでしょうか?


 ・現在有限会社を経営しています。以前から株式会社に商号を変更したいと思っていたのですが、資本金300万円という会社でも可能でしょうか。



   ~債務整理~ 

  

 ・消費者金融6社から合計100万円を超える借金があります。その中には7年程取引のある業者もあります。また、利息制限法を超える利率で契約している業者もあり、このまま契約どおり払ってもいつ完済するのか見当もつきません。


 ・消費者金融7社から合計300万円を超える借金があります。その他に住宅
ローンもある
のですが、何とか住宅だけは守りたいと考えているので、破産は避けたいと考えています。



 ~簡裁訴訟代理関係業務~  


 ・貸金返還請求事件の訴状(請求額100万円)が簡易裁判所から送達されました。被告としてどのような対応をしていいのかわかりません


 ・友人に100万円を貸し借用書も書いてもらったのですが、支払期限を過ぎても支払ってもらえません。裁判をしてでも支払ってもらいたいのですがどうしたらよいでしょうか。


 その他、当事務所が扱っている業務は、こちらになります




        
フッターイメージ